多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)不妊治療は?イノシトールの効果

イノシトール

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、月経異常や不妊の主な原因になり、卵巣に小さな卵胞が連なって詰まり、排卵に障害をきたす病気です。

PCOSとは polycystic ovary syndrome のことで、スムーズが排卵が起こらないだけではなく、ホルモン異常を合併するため、「妊娠しにくい」体質になることがあります。

肥満や多毛などの症状を伴うこともありますが、日本女性の場合、欧米の女性とくらべ比較的少ないと言われています。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療法として、妊娠を希望する場合、排卵誘発剤を使用するなどの治療法がありますが、肥満であれば、まずはじめに減量や運動をおこなうことになります。

生殖年齢の女性のうち、6~10%が多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と言われますから、決してめずらしい疾患ではないようです。

多嚢胞性卵巣症候群の治療には、いくつかのステップがありますが、効果が出ない場合、不妊治療の一環として「ミオイノシトール」の内服を案内するお医者様もいらっしゃいます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療法とイノシトール内服の効果

日本産科婦人科学会 生殖・内分泌委員会によれば、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は、次の3項目をすべて満たした場合と定義しています。

  • 月経異常
  • 多嚢胞性卵巣(超音波所見)
  • 血中男性ホルモン高値またはLH基礎値高値かつFSH基礎値正常

海外では、肥満や多毛などの身体的特徴があるようですが、日本女性の場合、逆にやせ型でPCOSの方が多く、肥満・多毛は全体の20%程度だそうです。

「月経不順」と「不妊」から専門医の診察と検査を受けて、PCOSと診断されるケースが多いようです。

この記事では、多嚢胞性卵巣(超音波所見)、血中男性ホルモン高値またはLH基礎値高値かつFSH基礎値正常については、こまかな説明は省きます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の治療法

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)で妊娠を希望している方への治療法には、段階に応じたさまざまな方法があります。

春木レディースクリニックのHPなどの例を参考に、おもな治療法を簡単に紹介します。

  1. 肥満の場合は減量する
    ・体重を5%程度減量しただけでも、排卵の再開や妊娠率の向上があるという報告もあるようですが、減量の目安としてはBMI値が参考になります。

    <BMI値>
    BMI=体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))=
    25以上は肥満

    ・あわせて、運動療法、喫煙や飲酒などの生活習慣の見直しが重要です。

  2. 経口排卵誘発剤(クエン酸クロミフェンなど)
    ・減量や運動療法によって排卵障害が改善されない場合、第一選択としてクエン酸クロミフェンを用いた排卵誘発を行います。
  3. 性腺刺激ホルモン剤(注射)による排卵誘発
    ・クエン酸クロミフェンが効かない、または副作用が強くでてしまう場合、性腺刺激ホルモン剤(注射)による排卵誘発をおこないます。
    ・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)や過剰排卵が発生し易いため、原則としてFSH製剤やrFSH製剤が主流になっています。
  4. 性腺刺激ホルモン剤(注射)の自己注射による排卵誘発(低用量漸増投与法)
    ・2008年に遺伝子組み換え卵胞刺激ホルモンの自己注射が認可され、ペン型注入器が発売されました。今では、国内で広くおこなわれているようです。

    卵巣過剰刺激症候群や過排卵の予防には、少量の性腺刺激ホルモン剤を毎日投与(低用量漸増投与法)する必要があります。
  5. ミオイノシトールの投与
    ・ミオイノシトールは水溶性のビタミン様物質で、穀類、果物や豆類などに多く含まれています。ミオイノシトールの経口摂取が、PCOSに対しての治療として有効であるという報告があるようです。
    参考:いまいウィメンズクリニックのブログ
  6. 体外受精
    ・排卵誘発は、過剰な排卵やそれに伴う多胎のリスク、またOHSSの発症リスクが高く、タイミング療法や人工授精などでは、排卵の個数をコントロールすることができません。
    さらに、卵胞が発達していても周期治療ができないケースがあることを考えると、体外受精を不妊治療の選択肢の一つとして考えておくべきかもしれません。

ミオイノシトールの効果

ミオイノシトールは、数種類あるイノシトールの一種で、自然界の食品に含まれています。

いまいウィメンズクリニックのブログでは、ミオイノシトールのPCOS治療への効果について、2つの報告を紹介しています。

26名の標準体重26名のPCOS例に対し、ミオイノシトール投与群(1日1200㎎、12週間投与)とプラセボ群で比較したところ、インスリン抵抗性が改善し、アンドロステンジオンやテストステロン値が低下ようした。
(Dona G et al. Inositol administration reduces oxidative stress in erythrocytes of patients with polycystic ovary syndrome. Eur J Endocrinol. 2012 Apr;166(4):703-10.)

40歳未満で少なくとも1回以上卵子の質が低く顕微授精(ICSI)が不可だった、PCOS症例149例に対してミオイノシトール+葉酸投与群(ミオイノシトール2000㎎+葉酸400μg/日)と葉酸単独投与群(葉酸400μg/日)に分けてそれぞれ3か月間内服し、再度体外受精を行ったところ、ミオイノシトール群で形態的に良好卵子が増え、臨床的妊娠率も上昇した。
(Brusco GF et al. Inositol: effects on oocyte quality in patients undergoing ICSI. An open study. Eur Rev Med Pharmacol Sci. 2013 Nov;17(22):3095-102.)

ここで紹介した報告以外にも、ミオイノシトールは欧米で積極的に使用され、臨床発表されているようです。

ミオイノシトールには、生活習慣病の予防や神経細胞を正常に保つ効果、毛髪の健康を維持するなど様々な効果が期待できます。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)については、イノシトールのインスリン抵抗性改善効果が不妊治療に応用されています。

イノシトール配合サプリ

イノシトールと不妊症の関係
レディースクリニックで、不妊治療にあわせて使われるサプリメントとして、「イノシトール」が使われることがあります。 東京・品川区にある「はなおかレディースクリニック」では、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)による不妊症の方へのサプリメントと...

「葉酸」+「ミオイノシトール」のサプリメント

「葉酸」は、妊活サプリには必須のビタミンですが、「ミオイノシトール」のサプリメントの内服をすすめる専門クリニックが増えています。

前項で紹介した「いまいウィメンズクリニック」でも、「ミオイノシトール+葉酸」を適応があると思われる患者さんには案内しているそうです。

『ベルタ葉酸サプリ』人気の理由!【定期コース】の解約に不安?
ベルタ葉酸サプリは、産婦人科医が推奨する妊活サプリです。 ベルタ葉酸サプリは、91%の医師や産婦人科から推奨され、全国約640の産婦人科などの施設で提供されています。 成分など大幅なリニューアルが予定されていますので、公式サイトでの...

イノシトール配合サプリ

コメント